[vol.2] 一斉指導塾の特徴

一般的に、黒板やホワイトボードを使って板書し、
1人の先生が多人数の生徒を相手に教室で指導するタイプです。
大きくはこの2つに分類できるでしょう。

 1)システムや設備が整った大手学習塾

 2)地元のベテラン教師が経営する個人塾

 

システムや設備が整った大手学習塾

【良いところ】
◯ 指導システムが一律に決められている
◯ 教室環境が整えられている
◯ 塾の方針に納得される場合は選びやすい
【気をつけるべきところ】
× 効率化を優先するため、システマチックになりがち
× 個別の対応が求められない
× 先生1名に対し生徒20〜30人と、学校と変わらない人数の場合もある
× 教室責任者によってその教室の雰囲気が全く異なることがある
× 他の地域の評判=近所の教室の評判 とは限らない

 

一番先に考える候補だと思いますが、
広告の指導実績にはトリックがあるので注意してください。

□ 多く見える合格者も全教室合わせてのものである
□ そもそも入塾テストで成績上位者に絞った上での成果である
□ 講習参加者など短期間の生徒を含めた成果である

公開されている実績だけでは、生徒の伸びまでは判断できないのです。
しっかりと教室の中身を見て判断しましょう。

 

地元のベテラン教師が経営する個人塾

【良いところ】
◯ 地元に根づいたベテランの塾講師が直接指導
◯ 講師の指導力や人柄、持ち味が教室に反映されやすい
◯ 大手に比べ、個人に対し親身に対応してくれる
◯ 先生1人に対し生徒10人程度と、大手に比べると少人数制
【気をつけるべきところ】
× 地域に1教室など、教室数が少ない
× クチコミ以外には存在や中身がわからなく、選びにくい
× 成績の良い/悪いに関係なく、同じ学年が1クラスでまとめられる
× 先生と合わなかった場合のリスクが高い

 

やはり地元塾は、講師の指導力や人柄に魅力を感じて選ぶことになるでしょう。
自分に合う塾や先生が見つかるかどうかがカギになりますが、
うまく見つかれば大手塾に負けない魅力がたくさんあります。

 

一斉指導塾の特徴

【テキストに沿ったカリキュラム】
一斉指導塾の特徴としてまずあげられることは、専用のテキストを用意が用意されることです。
そのテキストの内容に沿って、一律のカリキュラムで授業が進められることになります。
したがって、生徒にも一定の学力が求められ、クラス分けがされることになります。

【クラス分けについて】
クラスは学年や生徒の成績、志望校などの目標によって分けられます。
もしくは入塾テストが実施され、その成績により分けられることもあります。
人数が集まらない場合は、それらに関係なく1クラスで授業が進められることもあるようです。
その場合は、望むカリキュラムとは違うものになってしまう可能性もあります。

【教師について】
教師は、社会人の専任講師の他に、学生教師に研修を行って指導させる場合もあります。
同じ系列の塾でも、教室によって教師の質に差があり、指導内容にバラつきもあるようです。
教室の責任者はたいてい専任の講師で、進路や学習の面談も行います。

 

一斉指導塾の魅力と注意点

一斉指導塾の魅力は、競争意識が働くなど、集団の効果があげられます。
授業や模試で周りの生徒の様子がわかるため、その頑張っている姿を見て、
自分も頑張ろうとモチベーションが上がるケースです。

ただしそれが逆効果として出る場合もあります。
友人に誘われ塾に通い、結果的に馴れ合いになってしまい、
何のために塾へ通っているのかわからなくなるお子さんもいるようです。

講師一人に対し教える生徒の人数が多いため、料金が時間数の割に抑えられていますが、
反面、個別対応はほとんどできません。
自分自身の努力で家庭学習をこなし、授業のペースについていかなければなりません。

定期対策や受験対策など、授業内容は学校よりも工夫されていますが、
ただ受身で授業を受けていては、思ったように効果は望めません。
自分から積極的に活用していく姿勢が不可欠です。

最後に料金については、諸経費がかさむ場合がほとんどです。
講習会費、維持管理費、教材費、○◯対策費……。
トータルでいくらかかるのか、よく調べておいた方が良いでしょう。

一斉指導塾の特徴のまとめ

【メリット】
◯ 一定のペースで勉強できる
◯ 競争意識など、集団の効果が望める
◯ 学校よりも試験対策が充実している
◯ 友人と一緒に通える
◯ 時間数の割に料金が抑えられる
【デメリット】
× カリキュラムが一律である
× 個別対応がほとんどない
× 家庭学習まで見てくれない
× 友人となれ合いになってしまう
× さまざまな諸経費がかかる

 

 


失敗しない塾と家庭教師の選び方[目次]
▶[vol.1] 塾・家教はどのように分けられるの?
▶[vol.2] 一斉指導の特徴
▶[vol.3] 個別指導塾の特徴
▶[vol.4] 家庭教師の特徴
▶[vol.5] 通信教材の特徴

ページトップへ

facebook

© Hokudai kateikyoshi center All Rights Reserved.