【高校受験】過去問購入リスト&活用法

いよいよ中学3年生は、受験まで半年を切りました。
学力テストABCに加えて定期テストと、過密スケジュールの中です。
それでも受験を見据えて勉強を進めなければなりませんので、
受験に必要な「過去問」のことと、
簡単にその活用法についてお伝えしておきます。

 

過去問リスト

2種類に分かれます。

一つは、標準問題対策として使用する、
(1)北海道の公立高校入試過去問。

もう一つは、裁量問題対策として使用する、
(2)全国の公立高校入試過去問です。

 

以下、amazonのウィッシュリストにまとめましたので、
購入の際に参考にしていただければと思います。
(アフィリエイトでも何でもありませんのでご安心ください)
————————————————————————————–
(1)北海道の公立高校入試過去​問
http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/2AMLT12SK0XI9

(2)全国の公立高校入試過​去問
http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/1KUN4KOK9IYEY
————————————————————————————–

 

過去問の活用法について

【1】中3内容の先取り・完成
————————————————————————————–
学力テストCや定期テストが終わった、11月中旬~下旬からの流れです。
まずは中3内容を先取りで進め、全範囲の完成を目指します。
それが終わらないまま過去問に取かかっても、効果は半減します。

それは、単純に入試では単元をまたいだ融合問題が出るためというのが、
一番大きな理由です。

裁量問題で受験する方は、11月中が目標。
標準問題で受験する方は、冬休みに入るまでが目標です。

 

【2】北海道過去問に取りかかる
————————————————————————————–
中3内容が終わったら、北海道の公立高校過去問に取りかかります。
制限時間を計って、本番同様に解きましょう。
解いた後は採点し、出来なかった単元をすぐに見直します。

裁量問題で受験する方は、冬休みに入るまでに終わらせるのが目標。
標準問題で受験する方は、
冬休み明けの定期テスト終了後~1月一杯で終わらせるのが目標です。


1月中旬、冬休み明けすぐに定期テストがあります。
そのため、年明け~冬休み終了までは、定期テスト対策を重視します。

 

【3】全国過去問に取りかかる
————————————————————————————–
全国の公立高校過去問は、裁量問題対策に最適です。
したがって、標準問題で受験する方は使用しなくて構いません。

裁量問題で受験する方のみ、冬休み~1月一杯まで進めます。
(ただし、冬休み明けの定期テスト対策にも注意)

 

【4】過去問の解き直し
————————————————————————————–
後は進行状況に合わせて、過去問の解き直しに取りかかります。
目安は、受験まで1ヶ月を切った2月あたりです。

この時期は新しいことに取り組むよりも、
今まで勉強してきたことを振り返り、知識を整理させることが重要です。
過去問を解き直してどのくらい身についているのかを確認し、
出来ていなければ使ってきたテキストで復習する。
入念にこれを繰り返しましょう。

 

 

以上です。
もちろん、一人ひとりの学習状況によって対策や計画は変わります。
わからないことがあれば、いつでもご相談ください。

ページトップへ

facebook

© Hokudai kateikyoshi center All Rights Reserved.