『こんな業者には注意!』電話勧誘編

札幌には、たくさんの家庭教師の派遣センターがあります。
やはりご相談を受けるのが、
「どの会社が要望を叶えてくれる会社なのか、よくわからない」
「実際に話しを聞いてみたら、全く事前の情報と違った」
などという声です。

 

家庭教師を選ぶ時に役立てていただくために、シリーズで、
『こんな業者には注意してほしい!』というケースをピックアップします。

今回は、電話勧誘による業者についてです。

 

突然電話がかかってくる

「北大◯年の△△です。家庭教師をやりませんか? …」

「北大◯◯センターの□□と申します。お子さんの成績はどうですか? …」

どこから名簿を仕入れたのかわかりませんが、
このような勧誘の電話が突然かかってきます。

悪質なケースになると、北大生だと名乗って興味を引こうとしたり、
だますような方法を取る場合があります。

また弊社は『北大家庭教師センター』なのですが、
似たような名前を名乗って電話勧誘をするケースもあるようです。
(弊社は、一切電話勧誘は行ないませんので、あしからず!)

 

ほとんどが高額教材の販売が目的

どんなに魅力的な話しがあっても、応じない方が良いでしょう。
そもそも、個人情報を勝手に入手されている時点で、怪しいものです。
名簿の端から端まで、何百件、何千件と電話をかけているのです。

 

間違って話しを進めてしまうと、契約の時に初めて気づきます。

高額な教材購入が、家庭教師の契約とセットであることに。

勉強のことやお子さんの将来のことなど、その業者にとって関心はないのです。
ただ、教材が売れればそれで良いのです。
また内容は高いからといって優れたものではありません。
月々のローン契約で一見安く見せられたとしても、結局は割高になります。
ご注意いただきたいと思います。

 

最近は、その形のバリエーションが増えてきています。
見た目は極端に安い料金だが、実際は高額な契約内容であるケース。
スーパーなどにかわいいチラシがおいてあるが、
高額な教材販売を契約させられるケース。
色々なケースがあることを、知っておいていただきたいと思います。

ページトップへ

facebook

© Hokudai kateikyoshi center All Rights Reserved.