理科は暗記科目…?

こんにちは、吉村です。
今日のテーマは、暗記科目と言われている”理科”の勉強についてです。
果たして理科は暗記科目なのでしょうか。

 

小学校のうちは、特別な意識をしていなくても、
暗記すればテストでいい点数が取れると思います。
算数のように、ハッキリ実力差が見えないのです。

ところが中学生になっても、
同じように暗記中心の勉強を続けていると、
壁にぶち当たってしまいます。

 

それは中学生になると、
生物・地学・物理・科学と分野別に深く学ぶようになるからです。

そして生物や地学分野は暗記力が要求され、
物理や化学分野は算数と同じ思考力を要求されます。
理科好きだった虫博士や星博士ですら理科で苦労するのは、
算数分野の力が求められることが原因なのです。

したがって、理科の第1分野(物理・化学)は、
数学的な計算力と思考力を養う訓練が必要になります。
急には力はつきませんので、
基本問題で基礎を固め、やや難しい標準問題、
さらに応用問題へと取り組むようにしましょう。

そして小学生のうちに、
「考える勉強」(暗記に頼る勉強でない)を身につけておくことです。
中学レベルの力学で挫折することなく、
さらに磨けば難関高校合格へとつながるでしょう。

家庭教師であれば、教科書の内容を教えるだけでなく、
「なぜ、そうなるか」まで考えさせます。
理科はその「なぜ、そうなるか」を解決することで
力が伸びる教科と言えます。

 

理科・社会は暗記強化とひとまとめにされがちですが、
ここまで勉強の仕方が変わってくるのです。

ページトップへ

facebook

© Hokudai kateikyoshi center All Rights Reserved.