理想的な勉強部屋とは

目的別に2つ部屋があるとよいでしょう。

1つは、集中して勉強する部屋。
机、いす、本棚だけで十分。できればベッドは持ち込まない。

2つは、プレイルーム的部屋。
好きな本を読んだり、趣味のことを楽しむなどリラックスする部屋。
プラモデル、インターネット、スマートホン、
趣味のものなどを置いておくのです。

 

このようにすると、
集中して勉強する時とレクリエーションの時のけじめが付くのです。
「だらだらとした勉強」や「ながら勉強」は、
長い時間机に向かっていても効果が上がりません。

と、理想論を言いましたが、
経済的にもスペース的にも無理なご家庭があります。
そこで、2つ目の部屋は居間とする考えです。
居間にいる時は、テレビを見たりパソコンを操作したり、
漫画の本を読んだりとリラックスできるのです。

ページトップへ

facebook

© Hokudai kateikyoshi center All Rights Reserved.