教科書をフル活用する技(社会編)

こんにちは、センター長の吉村です。

教科書フル活用シリーズ3回目は、社会です。

 

社会科の教科書を読むときには、
鉛筆を持って重要なところにアンダーラインを引きます。
そして、一節全体を読み終わったらアンダーラインの部分を読み返す。
そして次にそれらを基にノートにまとめてみるのです。
そうすると知識の理解と知識の定着が図れます。

定期テストの勉強の方法としては、
教科書の内容を繰り返し読んで、覚えてしまいましょう。

社会の場合は、一節ごとにじっくり5回ほど読み、
1時間後に、白紙に覚えている限りの内容を書き出します。
その後教科書に戻って、抜けている内容をチェックします。

覚えていない箇所を復習したら、また5回読んで白紙に書く、
という方法を繰り返します。
本文だけでなく「注」の部分も忘れずに、
「注」の内容は差をつける問題として出題されることがよくあります

ページトップへ

facebook

© Hokudai kateikyoshi center All Rights Reserved.