小学生の算数が苦手な生徒が増えているのは…

こんにちは、センター長の吉村です。

一番相談を多く受ける教科は、
何となくおわかりだと思いますが「算数・数学」なのです。
今回は小学生の算数にスポットを当ててみます。

 

なぜ算数が苦手になるのか。
それは算数が「積み重ね教科」であることに起因します。
もっと言えば、「積み重ね教科」であるにもかかわらず、
「わかったつもり」になってしまうから、
伸び悩んでしまうのです。

例えば、小数。
学べばそのときは分かるでしょう。
分数も学べば同様に、そのときは分かります。
しかし、小数や分数という概念までは、すぐに飲み込めません。
子どもの中でしっかり定着するまで繰り返し学習しないと、
一度はわかった小数や分数が、
次の授業のときにはきれいに忘れているのです。

皆さんは、きっと「九九」はスラスラ言えますよね。
それは学校で時間をかけて繰り返し勉強しているからです。
しかし残念なことに、すべての単元で復習を繰り返すほど、
学校では時間がないのです。

 

実は、「九九」はすべての基礎になっています。
分数の足し算では、分母を同じにするために、
最小公倍数や最大公約数を用います。
つまり、九九が完璧でないと公倍数も公約数も分からず、
分数の計算がスラスラとできなくなってしまうのです。

もしかすると、分数や小数の計算や概念が定着しにくかった場合、
九九であったり3ケタ×3ケタの計算であったり、
それにつながる基礎が不足しているかもしれません。
難しい文章題が出来なかった場合でも、
繰り返しの勉強が足りずに基礎が固まっておらず、
考えるための余裕がない可能性もあります。

 

これは、小学生だけの問題ではなく、
中学・高校と進んでも同じです。
中2の連立方程式ができなければ、中1の方程式。
中1の方程式ができなければ、小6の計算といったように、
「モト」となるところに原因が隠れている場合が多いのです。

大事なのは、九九や簡単な計算などの習熟に、
十分な時間を取ることです。
基礎の習熟には家庭学習が必要です。
例えば数学の苦手な中学生なら小学4年~6年の計算ドリルを、
3ヵ月かけて学び直した方が良いでしょう。

 

もし克服の仕方がわからなければ、
プロの目から見てアドバイスをいたします。
いつでもご相談ください。

ページトップへ

facebook

© Hokudai kateikyoshi center All Rights Reserved.