学校のテストでは、学力が判断できない

こんにちは、センター長の吉村です。
今回は、定期テストの結果の見方についてです。

実は公立中学校で実施される定期テストでは、正確な生徒の学力が判断しにくいのです。
それはなぜか。

中高一貫校であれば、入学試験を受けて一定の学力がある生徒が入学します。
したがって学年の順位を見れば、上位にいるか真ん中ぐらいなのかで、だいたいのレベルがわかります。

しかし公立中学校は入学試験がありませんので、年によってバラつきがあるのです。
そのため「今年の中1はできるが学年だが、中2はできない学年」といった現象が起きています。
通知表も絶対評価に変わったため、成績のつき方が甘く、「5」を取っても安心できません。

そうなると本当の実力を試すには、学校外の模試を受けるしかないのです。
代表的なのが、中学生であれば北海道学力コンクールですね。
模試の結果で正しい学力を把握する。
そして内申点(通知表)を上げ、来るべき入試に備える。
これが今の入試に向けたスタンダードといえるでしょう。

ページトップへ

facebook

© Hokudai kateikyoshi center All Rights Reserved.