国語が得意な生徒の特徴

【1.教科書を音読する】
読解力が高いお子さんほど、読んだことのない文章でもすらすらと読めます。詰まらずに読めるように、習慣的に音読してください。

【2.文章を書き写す】
文意を捉えているお子さんほど一語ずつ見て書かないので、きょろきょろせずに素早く書き写せます。教科書の文章を、時間を区切って(1区切り3分など)書き取らせます。文章を深く読み取る訓練になります。

【3.本を愛読する】
小学生の頃から本が好きな子は、上の学年になるにつれて国語の点数が良くなります。いろいろな文章に触れると語彙力が増えたり、ストーリーを推測できるようになります。読書量=読解力といっても良いでしょう。

 

読み書きは、国語の基本です。
問題集を解くばかりが勉強ではありません。
楽をせず、手と目と口を最大限使って勉強しましょう。

ページトップへ

facebook

© Hokudai kateikyoshi center All Rights Reserved.