合格後も伸び続ける生徒

こんにちは、センター長の吉村です。

受験シーズンが佳境に入りましたね。
でも少しだけ、受験後のことも考えてみましょうか。

入試が終わると、ほっと一息つきたくなります。
しかし例年、合格したとたんに気が緩み、
あっという間に成績が下がる生徒がいるのです。
逆に、ぐんぐん成績が上がり続ける生徒もいます。
その違いはどこにあるのでしょうか…。

 

中学や高校でさらに成長し続ける生徒の特徴は、
合格した後の春休み中もある程度勉強習慣を継続しています。
そして次の目標(志望校や目標順位など)を持ち、
4月からフルスピードで勉強を始めるのです。
つまり、合格をゴールと思っていない人といえます。

入学後の6月になれば、定期テストが実施されます。
その出来がよければ自尊心を持ち、
「またがんばろう」ともっと上を目指します。
反対に成績が悪いと、自信を失い成績は落ちる一方です。

さらに2年になると、
部活にも熱心になり勉強時間が不足してくる傾向があります。
成績の悪い子は、ここでズルズル勉強時間が減ってきます。
成績が優秀な子は部活で疲れていても毎日、
計画通り数時間でもコツコツ勉強します。

 

高校受験後のお話しとなりましたが、
小・中・高すべての受験に共通することがあります。
受験がゴールではなく、その先に継続して努力することが、
次の高い目標へとつながっていくということです。
頭の片隅において、目の前の受験を頑張ってください。

ページトップへ

facebook

© Hokudai kateikyoshi center All Rights Reserved.