公民に興味を持つには?

IMG_0215

こんにちは。

家庭教師の井上です。

「公民を楽しく勉強するためにはどうしたらよいのか?」

「公民に興味を持つにはどうしたらよいのか?」

そんなことを生徒さんから聞かれましたので、わたしの考えをご紹介します。

 

新聞を読んでみましょう

皆さんは、新聞を読んでいますか?

新聞には政治経済の最新情報が書かれていて、

その背後には公民の授業で教わる知識がたくさん隠れています。

 

でも、内容が難しいし、文章の量も多いし、

一体、どこから読めばいいのでしょうか?

 

わたしの場合は、こんな順番で読んでいました。

 

1. ニュースの見出し(1面・2面)

まず、重要なニュースが集まる1面と2面を開き、

そこにどんな見出しがあるのかを見てみます。

中学生編のうちは、見出しを軽く眺めるだけで充分

続けていくうちに、世の中の流れが少しずつ分かってきます。

高校生になったら、記事の内容もちょっとずつ読んでいきましょう

 

 2. 社説(3面から4面)

社説というのは、最近起こった重要なニュースについて、

新聞記者が自分の意見を書くコーナーです。

ちょっと内容は難しめですが、

そのぶん、ひとつ読むだけでも様々な知識を得ることができます

また、ニュースの説明と記者の意見がコンパクトにまとまっていて

小論文の勉強にもなりますよ。

 

※ネットのニュースについて

みなさんの中には、

「新聞じゃなくてネットのニュースを見ればいいじゃないか」

という人もいるかと思います。

確かに、ネットにも様々なニュースが掲載されています。

しかし、その中には事実とは異なることが書いてあったり

読者を特定の思想に誘導するものも少なくありません。

ネットのニュースは、その内容が正しいかどうか自分で判断できるようになるまで、

読むのを控えたほうがいいかもしれませんね

ページトップへ

facebook

© Hokudai kateikyoshi center All Rights Reserved.